バイナリーオプション

少額投資を始める主婦の味方は「プロ」と「ロボ」と「時短投資」

小額投資_主婦top

将来のため、少しでも多くのお金を手に入れたい。
そう考えて投資を考える主婦は一定数存在しています。

その反面、失敗したときのことを考えて、なかなか投資に踏み切れないという方も少なくありません。
そこで注目を集めているのが「少額投資」という方法です。

少額投資とは、100円単位以上から投資が可能になる投資方法で、主に投資信託の分野で商品が用意されています。

プロが投資の対象を決めるほか、ロボが自分の投資スタンスに応じて自動で投資を行ってくれるロボアドバイザーも登場し、自分で直接細かい決断をする必要がない投資方法も増えてきました。

今回は、そんな人任せ・機械任せで確実に成果を挙げるための投資方法や、主婦の方が少額投資を始める背景・意外と主婦に向いているのに注目されなかった投資方法についてご紹介します。




少額から始められ、自分の判断をあまり必要としない投資方法の種類とは

限られた予算で少額投資でき、投資に必要な情報収集に時間をかける必要がない投資方法として紹介されているものには、どのような方法があるのでしょうか。
以下に、主なものをご紹介します。

投資信託

商品の幅が広く、少額から取り組めるのが投資信託です。
投資金額が少額であればあるほど、高額の利益は期待できませんが、投資について勉強する意味合いで取り組むのなら確実です。

投資信託を継続する場合は、長期的に積み立てるなど、長いスパンでの運用を考える必要があります。
特に、利子に利子が付く「複利」の概念については、将来自分がもらえるお金を計算するのに大事な要素ですから、しっかり押さえておきましょう。

まとまった収益を期待するなら、少額とはいえやはり月に10,000円単位の投資は必要です。
また、極力費用を減らしたいと考えるなら、国の助成・優遇がある商品を選ぶとリスクは減ります。

FXの外貨預金

株や投資商品への興味が少ない方は、FXの口座を使って外貨預金をする方法もあります。
このとき、一般的な銀行の外貨預金は別途手数料がかかるため、行わないようにしましょう。

業者によっては積み立て型の口座を用意しているところもありますから、定額で日本円以外の通貨を積み立てておくだけで、インフレ対策にもなります。
旅行好きの方であれば、自分がよく行く国の通貨で積み立てておくと、相場観をつかみやすいでしょう。

自動取引ツール

人間の判断ではなく、機械的な判断によって利益を出すことを目的とする投資方法です。
投資信託の分野では、ロボアドバイザーが有名です。

口座を開設後、自分の投資スタンスや運用方法に合わせて、投資プランの診断やシミュレーションを行ってくれます。
また、シミュレーションの結果に沿って自動で資産運用を行ってくれるため、投資に関する詳しいやり取りを省いて利益を出せるのが利点です。



しかし、投資一任報酬と呼ばれる費用が、年に一度だけ運用資産額の1%分差し引かれます。
せっかく利益が出ても、費用を差し引かれることで残った分がごくわずかになってしまっては、投資を続ける意味がありません。
委託する分、一定額の費用がかかる点には注意しましょう。

少額投資をしたい主婦の本音は「損せず・必要な分だけ・お金が欲しい」

一概には言えませんが、投資を始める動機として、将来の家計の不安に備えると話す主婦の方は多いようです。
やはり「自分の自由になる時間・お金が少ない」ことが、主婦たちが投資を始める一因となっている点は否めません。

そのような主婦の事情を考えると、極力損失を抑えつつ安定した収入が得られる投資方法として、プロや機械が銘柄を選ぶ投資方法に人気が集まるのは必然と言えるでしょう。

しかし、それだけが本当に主婦のニーズに合致した投資方法かどうか・万人にとって必要な額が得られるかどうかは分かりません。

ここからは、もう少し主婦の投資に関する「本音」に焦点を当てて、少額投資を考える理由や別の選択肢について考えてみましょう。

時間が無い中で投資する方法を考えた結果、投資信託やロボを使う

仕事・家事の合間に投資を学ぶ・行うことは、投資に関する知識や経験がない方にとっては、かなりの労力と時間を消費します。
しかし、より多くの実りを得たいなら、どうしても勉強は避けられません。

時間が欲しいけど自由にならないなら、どうやって時間を有効に使い投資できるかを考える必要があります。
その結果、多くの主婦が投資信託などプロに任せる方法を選択します。



投資に関する細かい知識はなくても、一年を通じて考えたときにどの位のリスクがあるか分かっていれば、元本に極力影響がない投資で十分なのか、積み立てて最終的に利益を出したいのかを自分で判断して任せられます。

判断する部分を極力減らしたいという思惑が、投資信託を支持する主婦の心理には働いていると言えます。

掛け金も自分の自由になる範囲

家計の足しにする程度での収益を考える場合、主婦の目線では大口の掛け金は用意できません。
主婦向けに限ったことではありませんが、投資信託の中にはそのような事情を勘案してか、100円単位で投資ができる商品も用意されています。

100円単位と聞くと、果たしてそれでいくらの利益になるのか疑わしく感じる方もいると思います。
しかし、ここで言う100円投資とは、あくまでも銘柄・商品を100円単位から選べるというだけであって、利益を出すには少なくとも毎月3,000円程度の投資額が必要です。

仮に貯蓄を切り崩して投資を行うことを考えた場合、万一のことがあったら家族に申し訳が立ちません。
自分の自由になるお金を使って投資することを考えた結果、どうしても慎重になってしまうのです。

希望は生活費の足し・子どもの学費になればいい程度

投資初心者の傾向を考えると、多くの方は「今より少しでも収入が増えれば」と考えて投資を始めます。

もちろん、この時点で明確な収益目標を立てて投資する方もいます。
しかし、見通しをつけるのが難しいという方が大半なのではないでしょうか。

日本経済新聞の統計では、副業に対して意欲的な主婦はおよそ7割という結果が出ており、収入を今より少しでも増やしたいと考える方は多いようです。
そのため、主婦が投資を考える場合、自然と副業と同レベルでの収入を想定する傾向にあります。

参考サイト:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2038380025082017TY5000/

いくらあれば足りるのかは、生活環境によってさまざまですが、一つの基準として考えると月1~3万円という金額が考えられます。
新生銀行が行った「2018年サラリーマンのお小遣い調査」によると、男性のお小遣いは平均して4万円弱という結果が出ており、ほぼお小遣い分を自分で稼げる計算です。

参考サイト:https://www.shinseibank.com/corporate/news/pdf/pdf2018/180628okozukai_j.pdf

また、専業主婦が確定申告をしなくても良いギリギリのラインが月3万円という(3万円×12ヶ月=36万円)金額であり、子どもの塾・習い事にかかる費用を賄うにも十分な金額です。

少額投資を考える主婦の方が望む収益は、決して生活を180度変えてしまうレベルのものではないのです。

月に3万円を稼ぎたいだけなら、別の方法もある

主婦が投資を望む理由を考えてみると、結論として「あと月に3万円を必要なときに稼げれば家計が楽になる」という、具体的な希望が見えてきました。

この希望を実現するための方法について、投資という観点から考えてみると、必ずしも難解な勉強を必要としないジャンルも一定数存在していることが分かります。

自己投資としての副業や内職を考えてみる

自分が働いた分だけお金になるという意味では、副業・内職などの方法があります。
広い意味で言えば、ポイントサイトなども副業に含まれるため、選択肢は意外と多いものです。

しかし、労働・行動の対価としてお金が生まれるため、毎日決まった時間拘束されます。
短時間でまとまったお金を稼げるようになるには、技術を磨く時間も必要ですから、投資に比べると自由度が低くなってしまいます。



しかし、得られた技術を使えばいつ・どこでもお金を稼げるようになりますから、長期的な投資の一つとして考えること自体は、悪い選択肢ではありません。

分かりやすいルールの「バイナリーオプション」

時間を極力制限されずに投資する方法を考えると、他者に任せる他に「取引時間を短くする」方法も選択肢として考えられます。
そこでFXによるデイトレードを考える方もいると思いますが、FXにはレバレッジという概念があり、自制心を養わないと大失敗につながるリスクも。

時短投資を考えるなら、ルールが単純明快なバイナリーオプションという選択肢があります。

結果がすぐに分かり、自分がかけた予算以上の支出にはならない仕組みになっているため、使える金額を決めておけば大損をするリスクは少なくできます。
また、FXに比べて分析する情報を絞ることができ、取引時間を固定してしまえば勝ちパターンを限定できます。

金額は最小で100円単位から始められるサイトもありますから、少額投資を考える方にとっては、同じ投資額でも短時間で高倍率の収入を得られるチャンスと言えます。

とはいえ、スタートの段階では分析方法を勉強する必要があり、毎日の取引結果についてはノートを取るなどの努力は必要です。

バイナリーオプションやFXは、自動取引ツールと使うという方法もある

バイナリーオプション・FXは、通貨ペアのオプションによる差益を得る投資です。
その注文方法は主にパソコンで行われ、ほとんどの業者が手動での注文を行うように規約を定めています。
言い換えれば、自動で取引ができるツールがあれば、使いようによっては勝ち続けられる可能性があるからこそ、業者は機械的な取引を禁止しているのです。

事実、バイナリーオプションやFXには、取引時の条件を自分で設定したら、あとはそれに基づいて自動的に購入手続きを進めてくれるツールが非公式ながら存在します。
また、信ぴょう性はそれほど高くありませんが、取引のタイミングを教えてくれる「シグナルツール」というものもあります。

一定の成果を出しているツールがある反面、利用することでペナルティを受けるケースも珍しくありません。
逆に言えば、それだけ効果があるツールも探せば見つかるということです。

使いこなすためには勉強こそ必要ですが、リスク計算は投資信託やロボアドバイザーでもやらなければなりません。
自分で理論を構築して指示を出す分、うまくいったときとそうでないときの違いが分かりやすいため、投資信託やロボアドバイザーに不満を感じたらチャレンジしてみるのも一つの選択肢です。

代表的な業者のハイローオーストラリアはユーザー多数

バイナリーオプションを始める場合、国内の業者を選ぶより、海外の業者を選ぶ方が多い傾向にあります。
バイナリーオプションは日本で規制がかけられている投資の一つであり、国内の業者で取り組む場合はルールが複雑だからです。

そのため、バイナリーオプションを行う際に海外の業者を選ぶ方は多く、特に人気を集めているのがハイローオーストラリアです。



ハイロ―オーストラリアはオーストラリア金融当局の管理下にあり、日本語にも対応しています。
デモトレードにより操作方法を事前に確認でき、値動きの流れをつかんでから取引に参加できますから、決してリスクの高い投資ではありません。

スキルが身に付けば「タイミングに乗じて確実に稼ぐ」ことも不可能ではないため、短時間でお金を手に入れたいと考える方なら、チャレンジしてみる価値はあります。

おわりに

少額で投資を考える場合、どうしても商品は限られます。
しかし、100円単位でも投資が成立するほど、投資人口は日本でも増えてきています。

投資信託やロボアドバイザーは、収入以上に投資のカラクリを優しく学ぶのにも適しています。
その反面、少額で利益を出すには時間がかかります。

同じお金を運用しても、投資の種類によって得られるタイミングは違います。

投資を考える方の多くは「今、必要なだけ」お金が欲しいと考えているはずです。
そのような場合は、投資にかける時間という概念も含め、投資を見直してみましょう。

Japanese all-rounder