バイナリーオプション

株が苦手でも大丈夫!主婦が投資を勉強するなら幅広い投資ジャンルに触れよう!

株式top

主婦の方に人気がある資産運用の一つとして「株式投資」があります。
ママ友を介したりオンラインサロンに参加したりと、何かと情報を集めやすいのが一因のようです。

しかし、株式投資には難解な用語・理論も少なくなく、長期的な利益を出すには勉強が必須になります。
忙しい家事の合間に勉強する時間を確保するのは、多くの主婦にとって悩みの種です。

そんな中、株式投資を自力で行うことに不安を感じた方が、投資信託をやってみようと考えるケースが目立つようになりました。
株式に関する難しい用語や理論を勉強しなくても、基本的には商品の組み立てを専門家が行っているため、リスク管理さえしっかりやれば利益を出せていると話す成功者も。

また、資産運用先を考える場合、必ずしも株式を通す必要はありません。
自分に合った投資方法を確立して利益を出せれば、結果的に同じことだからです。

今回は、投資信託・株式投資が主婦の人気を集めている理由や、株が苦手な主婦が勉強するメリットのある投資ジャンルについてご紹介します。




一般的な投資ジャンルと難易度について簡単にまとめてみた

日本国内で行われている投資の中で、比較的認知度の高い投資ジャンル・難易度について、いくつかのブロックにまとめてみました。
それぞれにメリット・デメリットがあるため、資産運用先を決める前に、投資方法が自分に合っているか検討してみましょう。

金融商品を購入するタイプの投資方法

まずは、金融商品を購入するタイプの投資法になります。
主婦に人気のある株式投資・投資信託はこちらのジャンルに入ります。

株式投資の目的を大きく分けると、上場している企業の株を保有することにより配当金を得る目的と、株の価値が上がってから売却することで利益を得る目的とに分かれます。
ルール自体は簡単に思えるのですが、歴史が古い分専門的な知識を覚える必要があり、新規参入者がネックに感じている部分でもあります。

投資信託は、より幅広い金融商品を包括的に取り扱っており、資産運用の専門家が預かったお金を様々な金融商品に分配して投資します。
株式はもちろん、国債や金融派生商品・不動産などが該当します。
運用方法は商品のリスクによって異なり、購入者はリスクに応じて商品の購入・保有・売却を決めるというスタンスになります。

メリットは、保有時は株主優待などの特典や配当金を得られる点、デメリットは儲けを期待するなら初期投資額が比較的高めという点です。
また、集める情報量が多岐にわたる点も、投資に慣れるまではデメリットになる要素でしょう。




通貨の差益を目的とする投資方法

異なる国の通貨を売買することで、差益を得るタイプの投資法です。
FX・バイナリーオプションなどが該当します。

日本円とアメリカドルで考えると、1ドルを100円で購入した後、105円に値上がりしてから売れば、差額の5円が利益になるというのが基本的な考え方です。

FXとバイナリーオプションとの違いは、取引を終えるタイミングやレバレッジの有無などです。

FXは取引保証金さえ用意していれば、自分が持っている資金以上のお金を動かすことも可能です。
また、終了する(売却する)タイミングも自分で決められます。
しかし、その分失敗したときのリスクも高いため、自分が扱えるお金の範囲内で取引する必要があります。

バイナリーオプションはすぐに取引の結果が出るのがメリットで、短時間でまとまった収入につながることもあります。
また、取引時間に応じて攻略法を柔軟に選べるため、自分に合った時間を見極めて経験を積んでいけば、安定的に勝ち続けることも不可能ではありません。

その反面、原則として自分で取引を終了するタイミングを決められません。
また、取引口座にあるお金の中でしか取引ができない業者が大半です。

相場の状況を確認する指標も、取引する通貨のペアによって変わってきますから、情報の取捨選択が必要な投資方法になります。
バイナリーオプションの場合は、早いもので30秒単位で取引が終了してしまうため、チャートの分析が欠かせません。

いずれを選ぶにせよ、通貨の差益を得るタイプの投資方法は、短期決戦で利益を出したい方向けと言えるでしょう。

保有資産を購入し、安定的に利益を得る投資方法

最後に、固定資産などを購入し、それを使って安定的に利益を得る投資方法についてご紹介しましょう。
代表的なものに不動産投資があります。

不動産の場合、物件のオーナーとなって入居者をつのり、集めた家賃がそのまま収入になります。
満室になれば月収50~100万円以上を実現するのも夢ではありません。

しかし、経年劣化や突発的なトラブルにより、消耗品の交換や修繕費用が発生した場合は、家賃からその分を支払うことになります。

また、多くの場合、オーナーは管理会社を通じて物件を管理します。
管理手数料も費用に含まれるため、月によっては思ったような収入が得られないケースもあります。




何よりも、不動産を購入するためには莫大な費用がかかります。
貯金が無ければ借金をして購入することになるため、ランニングコストを計算して利益を残せる物件かどうか、見極める目が必要になります。

結果的に、上級者向けの投資方法と言えますから、初心者・まとまったお金が無い方には難しいでしょう。

投資信託・株式投資が主婦に人気がある理由と、勉強するポイント

投資方法を比較してみると、投資信託・株式投資は比較的難易度が低く、そのため主婦からの人気を集めているという側面があります。
ここからは、その人気の秘密や勉強するポイントについて、もう少し掘り下げてみましょう。

投資信託は、時間管理が大切な主婦にとっては救いの神

投資信託は、一言で言って「勉強はしたくないけどお金は欲しい」人に向いている方法です。
正確に言えば、勉強する時間は無いけど投資をしたい方向けの投資方法になります。

もちろん、まったく勉強しなくて良いというわけではありませんが、株式投資を一人で行うのに比べれば、勉強する内容は限定的です。

投資信託は基本的に配当を得ることが主な目的になりますから、中長期的な視点で商品を選ぶ必要があります。
そのため、商品の中に含まれている金融資産が何なのかに目を向けるよりも、商品自体にどのくらいのリスク・リターンがあるのか見極める力を養うことが大切です。

初めて投資信託を行う場合は、投資信託の商品がどのように分類されているかを学ぶのが良いでしょう。

国内の株式に限った運用方式なのか。
公社債のみで構成されているのか。
海外の株式・債券も含まれているのか。

これらの特徴を知るだけでも、投資対象についてどう勉強すべきかの参考になるはずです。

株式投資は経験と人脈がカギ

投資信託で利益を出したことで、その先に株式投資を考えるのは、商品体系が似ていますから自然なことかもしれません。
しかし、中身は少し違います。

投資信託はプロによる商品設計となっていますが、株式投資は基本的に自己責任で行う投資方法です。
そのため、主婦の方が本格的に取り組もうとすると、昼夜を問わずトレードをするような事態になる可能性もあります。

もともとは株主優待を目的に購入したという方でも、ママ友やオンラインサロンの情報に感化され、次第に取引にのめり込んでしまうケースは珍しくありません。



もちろん、株を知ることは社会勉強にもつながることですから、自分自身の視野を広げてくれます。
しかし、家族の生活にまで影響を与えるところまで来てしまったら、取り返しがつきません。

また、勉強を重ねていくにつれて、勝ち続けるために覚えることが多すぎると感じ、取引から離れていく方も少なくないようです。

株式投資で勝ち続けるためには、無理なく経験を積める環境作り、長い関係を築いていける人脈作りが、勉強する前提条件として大事だと言えるでしょう。

どちらを選んでも、中長期的な視点は必要になる

投資信託・株式投資の長所でもあり短所でもあるところですが、いずれの投資方法を選んだとしても、儲けを出すためには一定期間の運用が必要になります。
また、運用を続けていたからといって、100%利益になるとは限りません。

投資信託は、運用時に手数料がかかりますから、短期的・少額投資では利益も少なくなります。
また、株式投資で大きな利益を出すには、日々の値動きや世の中の動向をこまめにチェックする姿勢が大切です。

必要なお金を、必要なだけ手に入れるという意味では、なかなか予想するのが難しい投資方法と言えそうです。

株式に関わらない投資方法を勉強する場合はどうするか

ここまで、少なからず株式が関わる投資方法の、勉強のポイントについてお伝えしてきました。
ここからは、直接株式に関わらないジャンルの勉強についてご紹介します。

不動産投資は、勉強してもお金の工面が問題になる

不動産投資を行う場合、入居者にとって魅力的なマンション・アパートを準備する必要があります。
魅力的な物件を購入してからが、本格的な不動産投資の始まりです。

あっせん業者によっては、満室になるまでの間、「満室だったら受け取れるはずの家賃を保証する」プランを用意している業者もあります。
このようなプランが用意できるほど、マンション1棟を購入するには大きな金額が動きます。

そのため、多くのオーナーは貯金だけでは購入資金を工面できず、借金をして物件を購入します。

ローンに関する知識はもちろん、入居者を呼び込み満室にする知識、管理会社の選定、将来に向けた投資など、オーナーを悩ませる要因は数多くあり、その全てにお金が関わってきます。
勉強したとしても、人が住んでいる物件のオーナーになるわけですから、天変地異や予想外の出費は避けられません。



大きなお金を動かす経験や覚悟が無ければ、不動産投資を考えるのは難しいでしょう。

FXは気持ちが大きくなると失敗する

FXは、個人投資家が成功しているジャンルの一つであり、しっかり勉強すれば会社員でも実績を挙げることはできます。
しかし、レバレッジなどリスクの高い取引を行う場合は、自分の精神状態を一定に保つ必要があります。

FXでは多くの場合、気持ちが大きくなると失敗します。
取引を冷静に進めるための材料をいかに集めるかが、FXで勝ち続けるためには重要です。
チャートを見て値動きの今後を予測するテクニカル分析、各国の重要な経済指標を読み解くファンダメンタルズ分析の二つが大きな柱になりますから、それぞれの主要な技法を勉強しておきましょう。

また、個人投資では同じ通貨を「持ち続ける」ことができます。
そのため、ペア通貨を日本円に換えなければ、リスクマネジメントと資産形成を同時に実現できるという利点もあるのです。

日本円で持つのは何となく不安だけど、積極的に売り買いするのは苦手……という方は、日本円以外で安定的な価格で推移している通貨を持っておく方法をおすすめします。

スピーディーな対応が求められるバイナリーオプション

FXに比べると、バイナリーオプションはルールが簡単にまとめられているため、時間の無い方でも取り組みやすい投資方法です。
ペアの通貨の上がり下がりを予想するのが基本ルールで、制限時間によるペイアウト率の違いによって配当が変わる点・スプレッドと呼ばれる価格差を含めて予想する点などを押さえておけば、少なくともルールが分からなくて挫折するという可能性は低いでしょう。

代表的な業者のハイローオーストラリアを例に取ると、時間は最短で30秒から選べます。
これだけスパンが短いと、一般的なファンダメンタルズ分析などは当てにできません。

そのため、短時間での動きを予測するのに特化したチャートをチェックし、テクニカル分析を駆使して勝率を上げるのが基本的な攻略方法になります。

掛け金に応じて利益が出ることや、少額からの取引ができるという点では、投資信託と何ら変わりはありません。
ただ、お金の受け取るスパンや倍率が異なるだけです。

バイナリーオプションのメリットは、早い段階で利益が確定してお金を引き出せることです。
5分間に10回取引を行い、その全てに勝って1,000円が倍々ゲームで増えていくことも、理論上は不可能ではありません。



とはいえ、取引に熱くなり過ぎてしまうと、結果的に負け戦を続けてしまうリスクもあります。
分析の知識に加えて、負けた時に取引から離れるメンタルを養うことも大切です。

おわりに

以上、主婦が投資を勉強するにあたって、知っておきたい投資のジャンルについてご紹介してきました。
想像もしていなかった投資方法が出てきたことに、驚いた方も多いのではないでしょうか。

簡単に利益を出せる投資は、誰でも魅力的に感じるものですが、ふたを開けてみれば、どんな投資方法にも相応の勉強が必要になってくることが分かります。

儲けを出すためにはそれ相応の投資額が必要になり、元手が無ければそもそも手を出せない投資方法もあります。
そんな中、手軽に取り組めて利益を出しやすい投資信託が人気を集めているのは、必然と言えるのかもしれません。

しかし、手軽に取り組めるという点では、バイナリーオプションのような短時間で分かりやすく結果が出る投資方法もおすすめできます。
株について詳しい知識がなくても、過去の動向を追って視覚的に予想が立てられますから、株に苦手意識をお持ちの方は試しにハイローオーストラリアのデモトレードから始めてみてはいかがでしょうか。

Japanese all-rounder