主婦

おすすめはやっぱり「積立○○」?主婦向けの投資方法とそのリスクとは

主婦_おすすめtop

誰でも投資方法を選ぶ際には、それが自分に向いているかそうでないかを考えてジャンルを選びます。
向き・不向きを判断する要素としては、投資に使えるお金の金額・短期と長期の違い・自分の職業や立場などがあります。

その中で、主婦にとって目下の問題となるのは「投資に使える額が限られる」ということではないでしょうか。

投資した金額に応じて配当も決まりますから、少ないお金では利益も少ないのが当然です。
そこで、多くの方は「コツコツ予算を積み立てる」ことを考えます。

定期預金で多額の利子が得られた時代は終わりを告げ、一般人もリターンを得るためにはリスクを背負うことが求められるようになりました。
しかし、そのリスクを極力減らせる投資ジャンルとして「積立投信」が主婦の間で人気を集めています。

今回は、積立投信を軸に主婦向けの投資方法についてご紹介するとともに、それらにどのようなリスクがあるのかについても触れていきたいと思います。




積立投信とは、投資信託の一種である

積立投信という名称からして、何かお金を積み立てるタイプの投資方法であろうと考えた人は多いと思います。
そのカンは正しく、積立投信とは投資信託の一種で、毎月1,000円程度の少額で積み立てていくタイプの商品です。

一般的には、既存の投資信託と同様にプロが運用するため、株やFXなどと比べて安心だという声が多いようです。

基本的に自動で積立が行われるため、投資条件や日々の状況を細かに気にする必要がなく、少額からスタートできるので始めやすいというメリットがあります。
もちろん、プロによる投資が行われますし、ドルコスト平均法や分散投資の手法により、リスクの軽減が期待できます。

しかし、他の投資信託商品と同様、プロに取引を依頼する手数料が発生し、預金と異なり元本の保証がありません。
売却益や分配金にも課税され、儲けの100%が自分のものになるわけではありません。

確実に儲けを出していきたいなら、ハイリスクのものとローリスクのものとを組み合わせ、リスク・リターンの管理が必要なのは、通常の投資信託と同様です。
また、リスク要因を細かく理解していなくても、商品が持つリスクだけ把握していればよいので、判断だけができれば結果につながりやすいとも言えます。

ややリスクは高まるが、似たようなものにETF・REITがある

投資信託の一種ではあるのですが、積立投信よりもリスクが高い傾向にあるのがETFとREITです。
それぞれについて、簡単にご紹介します。

ETFでは、日本における上場企業の値動きがリアルに分かる

ETFとは日本語で上場投資信託のことで、一つの基準となる指数を構成する銘柄すべてに分散投資をする商品です。
この表現だと何のことだか分からないという人も多いと思いますので、日経平均株価を例に挙げて説明してみましょう。

日経平均株価というのは、経済新聞として有名な「日本経済新聞」が、東証一部企業の中から独自の基準で選び出した、225銘柄の平均株価のことです。
これをETFに当てはめてみると、日本を代表する大手企業が225社あって、その全てに分散投資しているという意味合いになります。




もちろん、これは銘柄の一つに過ぎず、他にもいくつかの基準で選ばれた銘柄があるため、そのいずれかをリスク判断の下で選びます。

ETFは価格がリアルタイムで変動し、いつでも売買できます。
また、1口(1株)あたりの取引も可能ですから、株を購入するよりも安上がりです。

とはいえ、投資金額としては20,000円からのスタートと、人によってはなかなかハードルが高い金額が課せられます。
また、銘柄に含まれる上場企業が何か問題を起こし、上場廃止になった場合、取引が制限されるリスクもあります。

REITは、不動産投資のリスクを減らし参加しやすくしたもの

REITは株ではなく、不動産に対して投資するタイプの投資方法です。
といっても、例えば東京都庁や通天閣といった公共性の高い建物に直接投資するのではなく、不動産投資法人にお金を預けるタイプの投資方法です。

REITの仕組みは、不動産投資法人と投資家との関係性で成り立っています。
投資家が不動産投資法人にお金を預け、不動産投資法人は、そのお金でマンション・オフィスビル・商業施設といった複数の賃貸不動産に投資をします。

そして、不動産投資法人が持つ不動産の賃貸収入・売却収入の利益を、投資家に対して分配します。
よって、実際に不動産を運用するのは法人であって、投資家ではありません。

不動産は個人で購入しようとするとかなり高額ですが、それを少額ででき、おまけに分散投資でリスク管理できるという点がメリットです。
また、配当金も高めの設定です。

その反面、自然災害や金利の変動によって、価格・分配金に変動が生じるリスクがあります。
物件自体の価値低下についても、経年とともに避けては通れない点に注意が必要です。

リスクを減らしたいなら、個人向け国債や個人年金という選択肢もある

ETFやREITについては仕組みは何となく分かったけど、元本割れや損が出るかもしれないから不安……と感じる方もいるでしょう。
そんな方向けの、確実な投資方法もいくつか存在します。

将来に不安を残さず、できる限り元本に影響を及ぼしたくないという方は、一度検討してみてくださいね。

個人向け国債

いわゆる、国が国民(個人)に対して行う借金のことで、最低1万円から購入が可能です。
国が運営していることもあって、基本的に元本割れはないものと考えてよいでしょう。
最低金利(0.05%)が保証され、安全性が高いのもメリットです。

しかし、購入できる期間は月に一度と決まっていて、換金もすぐにはできません。
また、投資の中では安定路線ですから、金利もその分低めです。




個人年金

国民年金と違い、自分の意思で老後に備えて年金をかけるタイプの投資です。
種類がいくつかあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
以下に、一般的なものから順に紹介していきます。

確定年金

被保険者の生死にかかわらず、一定期間年金を受け取れるタイプの年金です。
万一被保険者が死亡した場合、遺族に年金が支給されます。

受け取り期間を60歳からの10年とした、確定年金保険がもっとも一般的です。

終身年金

被保険者が生存している限り、一生涯年金を受け取れるタイプの年金です。
被保険者の寿命によって金額が変動し、長生きすれば確定年金よりも高いお金がもらえますが、早くに亡くなってしまうと元本割れのおそれがあります。

遺族にはあたらないタイプの終身年金のため、家族がいる主婦には向いていないかもしれません。

有期年金

確定年金の「被保険者生存版」で、一定期間(10~15年)年金を受け取れるタイプです。
こちらも満額受け取れれば確定年金より金額は大きくなりますが、早くに亡くなってしまうと元本割れとなります。

よって、有期年金では支給開始からしばらくの間、遺族に年金を支払う保証期間付きのものを選ぶ傾向にあります。

変額個人年金

今までの年金タイプがどちらかと言うと「将来への保険」的要素だったのに比べて、こちらは投資の意味合いが強い年金です。
保険会社の運用実績によって年金額が変わる性質を持っており、運用がうまくいけば支払った保険料よりも高いお金が手に入ります。

しかし、成績が悪ければその分金額も低くなり、年金の中ではリスクの高い部類に入ります。

このジャンルには「外貨建て年金」という派生版もあり、積立金の運用を外貨で行い、高い利回りを狙います。
インフレ対策としてはある程度有効ですが、レート次第では大きな損失につながるおそれもあります。

「やってみたいけど、やっぱり今使えるお金が欲しい」と考える人は何を選ぶべきか

ここまでご紹介してきた投資方法は、将来を見据えて確実にお金を手に入れるための、積立の考え方が基準となるものばかりです。
しかし、投資を考える方の中には、

「あと3~10万円あったら、生活が楽になるのに……」

という、切実な思いを抱えている方もいるでしょう。

それでは、手ごろなお金で、短期間で成果が出る投資方法というものはあるのでしょうか。




バイナリーオプションは、ルールさえ守れば稼げる要素を秘めている

短期間で稼げる投資方法の一つの解答として、バイナリーオプションという選択肢があります。
バイナリーオプションはFXと同じ、通貨ペアの値動きによる差益を得ることを目的とする投資方法です。

一定の時間内で、相場が現段階よりも上がるか下がるかを予想するという、とても単純明快なルールです。
短時間で取引が終わり、自分が出資した金額以上の損失にはなりません。

業者を選べば、結果がすぐ出て口座からの出金もすぐにできますから、スピーディーに成果を出したいと考える方向けの投資方法です。

バイナリーオプションはリスクが高いと聞いたことがあるけど……

この記事をお読みの方の中には、ひょっとしたらバイナリーオプションという投資ジャンルをご存知の方もいるかもしれません。
そして、バイナリーオプションはリスクの高い投資方法だと、ネットやニュースなどで聞いたことがあるかもしれません。

しかし、投資にリスクは付きものです。
ルールを理解し、どのような状況下で自分は勝てるのかを勉強していれば、それだけ勝てる確率は高まります。

バイナリーオプションで取引の勝率を高めるには、チャートと呼ばれる値動きを分析する情報を見極め、確実に勝てると判断した段階で注文を入れる必要があります。
そのため自己責任でチャートを読み解くことは必須であり、勝つのか負けるのかよく分からない状況を業者が意図的に作って取引を行わせるようなことは、優良な業者では全くありません。

また、1回の取引・1日の取引で使える金額は、例えば投資信託でいくら投資できるのかと同じで、自分に合った上限でストップすれば問題ありません。
自分の意思で、自分が使えるお金だけを投資する点では、他の投資方法と何ら変わりはないのです。

人気業者のハイローオーストラリアでは、デモトレードが気軽にできる

バイナリーオプションを行っているトレーダーたちの間で人気を集めているのは、ハイローオーストラリアという業者です。
オーストラリア金融当局の管理下にあり、日本語にも対応しています。
また、初心者が実際にお金を使った取引で困らないよう、デモトレードで値動きを見ながらお試し取引を行えます。

結果がダイレクトに分かるため、自分の判断が正しかったのか、それとも間違っていたのかが、すぐに判別できます。
取引結果をノートにまとめておくと、今後の投資の参考にもなります。

プロに任せるか、自分で分析するかの違いこそあれ、基本的に勉強することは同じ「リスク管理」です。
もし、積立型の投資が自分に向いていないと考えている方は、一度ハイローオーストラリアのサイトをのぞいてみたり、実際に取引している人のブログを読んでみてはいかがでしょうか。

Japanese all-rounder