テクニカル

【テクニカル分析】一目均衡表とは?

バイナリーオプションの一目均衡表

今回はテクニカル分析のトレンド系チャートの一目均衡表について紹介していきます!

取引を進めていく上で今後重要になってくる、トレンド系チャートについて学んでいきましょう!




一目均衡表について

「相場は買い方と売り方の均衡が崩れた時に大きく動くので、どちらが優勢かが分かればよく、それを一目で知ることができる」という由来による相場分析手法です。

1936年に細田悟一氏が約2,000人のスタッフと7年かけて完成させ

現在では多くの日本、海外のファンドマネージャーやプロトレーダーから支持されています。

特定の時間枠の中で、値動きと中心値を考え、今後の株価を予想していくものです。

買いと売りの判断のみではなく、過去の値動きが時間の変化によって反映される「受動的変化」

毎日の相場が作る「能動的変化」

この2つにより、均衡表が変化し、分析をして予測を立てます。

一目均衡表を構成する線の解説

  • 基準線と転換線:転換線が基準線の下から上へ抜けることを「好転」、逆を「逆転」といいます。
  • 雲:雲の上でローソク足が推移している時は、相場の力が強いと判断し、下に位置する場合は、弱いと判断します。
  • 遅行スパン:「買い」「売り」のタイミングを計る時に見ます。
  • 波動:一目均衡表では波動が大きな意味を表しています。
  • 先行スパン1:基準線と転換線の中間値を、当日を含む26日先に記入
  • 先行スパン2:当日を含む52日間の最高値と最安値の平均値を、当日を含む26日先に記入

一目均衡表の基本を説明しましたが、こう見ると複雑に見えますが、FXやバイナリーオプション、株で一目均衡表が広く使われている理由は、雲のみでも相場間がわかるからです。

波動の種類

一目均衡表で重要な波動は5種類あります。

相場の方向性を示し、価格水準の割り出しなどにも欠かせないので覚えましょう!

①I波動

I波動は上昇と下降を1本の直線で捉えたものになります。

I波動はすべての波動の始まりとなります。I波動が連続することでその後のV波動に繋がります。

②V波動

V波動は、I波動が連続してV字になったものと思っていただけると簡単です。

V波動はI波動が連続したあとに形成される波動となっています。V波動が連続することによりN波動、Y波動、P波動になります。

③N波動

N波動はすべての波動の基本となる形です。

上昇トレンド、下降トレンドでは、サポートラインや、レジスタンスラインをブレイクしたり、押し目などをつけたりしながら、最終的にはN波動の形を描くことになります。

④Y波動

Y波動は、I波動とV波動が連続して続き、高値は切り上げながら、安値は切り下げながら形成される波動となります。Y波動はトレンドの途中の小休止としてよく見られる現象でもあります。

⑤P波動

 

P波動は、Y波動の逆の波動となります。I波動とV波動が連続して続き、高値は切り下げながら、安値は切り上げながら、除々に値幅が狭まっていくパターンです。トレンド回帰をする可能性が高くなる波動です。

実際のチャートでみてみるとこのようになります。

いつもチャートをみていると思いますが、しっかりと線を引くことによってそれぞれの波動になっていることがほとんどです。

https://toushi-kyokasho.com/what-is-elliot-wave/より引用

I波動が連続価格が上昇することで、V波動になり、V波動が連続するとY・P・N波動になります。そしてN波動が連続するとエリオット波動になります。全ての波動はN波動の亜種とも言われています。

一目均衛表を構成する5本の線とは?

一目均衡表は、「転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン」5つの線から構成されています。

今回はTradingviewのUSDを今回は使用して解説しようと思います。

また一目均衡表をテクニカル指標としてチャートに表示したい場合は

「ichimoku」と入力して検索してみてください。「一目均衡表」と入力しても出てくることはまずないので注意してください!

上でも解説しましたが、ここでも再度線や雲などの説明をしたいと思います。

下の画像と照らし合わせながら読んでみてください。

1.基本線・・・基本的には基本線にしたがってトレードをすることによって大きな波動のタイミングにタイミングよく値幅の上昇の始めからINできることができます。

2.転換線・・・この線が基本線の下にいれば「売り」、上にいれば「買い」ということになります。

3.遅行スパン・・・遅行スパンは名前には遅行と買いていますが、今後の上昇を予想している線とも言えます。相場が下落しているのに遅行スパンの線が大幅に上昇している場合などにはトレンドの転換を示唆している場合や、一時的な反発をすることがわかります。

4.先行スパン1・・・基準線と転換線の中値を26日先行させて表示しています。

5.先行スパン2・・・過去52日間の最高値と最安値を単純平均し、26日先行させたものです。

一目平衡表は雲の厚さがポイント!反発の強さを示す!

一目均衡表は雲の「厚さ」にも大事なヒントがあります!

雲の厚さは「抵抗」の強さを表していますので、株価が下落していても直下に厚い雲が広がっている場合、反発で跳ね返される可能性が高いということ。リバウンドを拾った「買い」を入れる目安になります。

しかし雲があるからと言って雲が薄い箇所は反発する力が弱く、簡単に突破してしまう場合があることに注意しましょう!

また雇用統計の発表前など、弱気相場のときに、分厚い雲が頭上を覆っている場合、上昇してもすぐに分厚い雲に阻まれてしまい、簡単には上に抜けない場合などの可能性が高いです。

とはいえ分厚い雲でも、雲を突き抜けるほどの買い圧力が強ければ雲を突き破ることができます。雲を突破することができればあとは青天井。そのため雲を抜けた瞬間は絶好の買いポイントとなります。

一目均衛表の売買タイミングは!?

一目均衡表では「三役好転」「三役逆転」という二つの重要な売買シグナルがあります。

三役好転は、一目均衡表のチャートが以下のようになったとき最も強い「買いの
シグナル」といえます。

・三役好転の買いシグナル

  • 転換線が基準線を下から上に抜ける
  • 遅行線がローソク足(株価)を上に抜ける
  • ローソク足(株価)が雲を上に抜ける

その逆である三役逆転は最も強い「売りのシグナル」です。

・三役逆転の売りシグナル

 

  • 転換線が基準線を上から下に抜ける
  • 遅行線がローソク足(株価)を下に抜ける
  • ローソク足(株価)が雲を下に抜ける

それぞれの売買シグナルで3つの条件を全て満たしたときに、「三役好転」「三役逆転」

といい、相場の転換期になります。

しかし麻雀の役のようにそう簡単には揃いません(笑)

この中の2つだけでも揃ったら相場の転換期とみてもよいでしょう。

まとめ

一目均衡表の解説いかがでしたでしょうか。

一目均衡表は非常に奥が深く、様々な考え方があり、ここで紹介しきれないほど、さまざまな応用手法があります。ですが、今回紹介した手法は基本的なことなので、以上の内容を理解していただければ、あとは実践で活用していただけると問題はないでしょう。

1つ気を付けてほしいポイントがあります!個人投資家の目的は相場で利益を上げることです。

一目均衡表だけに依存してはいけません。つまり、一目均衡表だけでトレードするのではなく、様々なテクニカル指標を複数使い、総合的に判断し、チャート分析してくのが勝率を上げていく方法です。

 

30 Second Binary options