ハイローオーストラリア

値動きが何だかおかしい……ハイローオーストラリアは相場操作してるって本当?

ハイロー_相場操作top

ハイローオーストラリアでの取引を続けていると、勝てるときもあれば当然勝てないときもあるでしょう。
そして、勝てないという意見は広まりやすい傾向にあります。

代表的な意見の一つに「レートが不正操作されている」というものがあります。
取引している人が勝ちそうな状況になったら、チャートが逆の動きをするよう意図的にプログラムされているといった内容です。

パチンコ店などでは、機械の設定を操作した結果、警察のガサ入れに遭遇することもあります。
しかし、世界的にトレーダーを集めていて、オーストラリア金融当局に監督されているハイローオーストラリアが、不正に加担するメリットは少ないような気もします。

そこで今回は、ハイローオーストラリアの値動きがおかしいと感じ、どうしても結果に納得できないときに読みたい心構えについてご紹介します。




不正しているという「根拠」は何なのか

ハイローオーストラリアは、基本的に自分との戦いです。
誰かの取引内容は間接的に影響を与えているものの、今あるチャートの動きを読み解くのは、自分しかいません。
また、TVゲームの対戦プレイのように、隣や画面の向こうに戦う相手がいるわけでもありません。

そして、ハイローオーストラリアでトレードしている全ての人が、世界中・同じ条件で取引しています。
そんな中で、誰か一人のチャートを意図的に動かすことは、素人目に考えてもかなりリスクが高いと思われます。

不正を見破るためには、他の人がどんな取引でどんな結果になったのかを、同時に確認する方法が有効です。

トレードをしている人は、必ずしも1人でやっているとは限りません。
同じペアの通貨を複数人で売り買いしているというトレーダー集団もいると思います。

もし、個々人に対して相場の修正が意図的にかかるなら、同じペアをほぼ同じタイミングで同じように取引したとき、それぞれの反応があからさまに違うという結果になるでしょう。
そして、そのような意見は少なくともネット上では聞かれませんし、もし聞かれたら大問題になるはずです。

不正というからには、何らかの根拠が提示されてしかるべきです。
単純に「負けたことの腹いせ」にしか思えない意見には耳を貸さず、確実に勝てる方法の構築に時間を使いましょう。

購入キャンセルは「不正」ではない

ハイローオーストラリアを続けていると、「ここで勝てる!」と思ったときに注文を入れたとき、なぜか約定拒否になってしまった経験を持っている方は多いと思います。
この状況が「不正」と考える人も少なからず存在しているようですが、これはどちらかと言うと運営側のスペックによる理由のようです。

ハイローオーストラリアは人気の業者ですから、取引が集中することでサーバーに負担がかかり、約定拒否を引き起こしてしまうケースは珍しくないようです。
特に、経済指標発表時など、取引が集中するタイミングは極力避けた方がよいでしょう。

ちなみに、オプション購入時が価格変更のタイミングとかち合った場合。約定金額のズレを防ぐため、約定がキャンセルされるケースもあります。




精神をおかしくする前に冷静になろう

投資で勝ち続けるためには、メンタルを維持することが大切です。
特に、取引が思うようにいかなくなると、どうしても後ろ向きなことばかり考えてしまいがちです。

このような場合は、負けた経験をいかにして「財産」にできるかが大切です。

バイナリーオプションは単純なルールで、自分が失敗したときは、逆を選んだ人が勝っていることになります。
言い換えれば、逆を狙っていれば勝てたわけですから、【負けるとき=予想が外れている】という自覚を持ち、ノートなどに状況をまとめて次につなげた方が建設的です。

仮に、似たような状況に再び遭遇して、過去の決断と逆を狙って勝てたのなら、それが攻略法の糸口になるはずです。
精神的に落ち込んでいると、どうしてもふさぎ込みがちになりますから、「負けから何を得られるか」を考えながら取引を続けましょう。

Japanese all-rounder