ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアで、スプレッドを選ぶメリットとリスクについて

バイナリー_スプレッドtop

ハイローオーストラリアでは、HighLow・Turboそれぞれに「スプレッド」という取引方法が設けられています。

この取引方法について簡単に説明すると、より配当が高くなる代わりに「ハンデ」が付くタイプの取引方法になります。
具体的には、一定の値幅が判定時に加わるというものです。

例を挙げると、1ドル100円が101円に上がったとしても、スプレッドとして仮に「1円」という規定があれば、101円を超える金額にならない限りトレーダー側の負けと判定されます。
その代わり、値幅を超えて上昇すれば倍額のペイアウトとなりますから、より多くの金額が稼げるというわけです。

今回は、そんなメリットとリスクが隣り合わせとなっている、ハイローオーストラリアのスプレッド取引についてご紹介します。




スプレッド取引で勝負してもいいとき

ハイローオーストラリアでスプレッド取引をすると、利益が出やすいタイミングには、どのような場面があるのでしょうか。
いくつか考えられますが、代表的なタイミングに「経済指標の発表直前」が挙げられます。

スプレッド取引では、できるだけ相場変動が大きい状況が好まれます。
特段相場に影響を与える情報が少ない中では、その分動きも限定的になってしまい、スプレッドを超える値動きが期待できないのです。

しかし、値動きに大きく反映するであろう情報が確認できると、通貨ペアの動きというのはとても分かりやすく動きます。
オーストラリアドルとのペアを例にとると、失業率が高まればその分売り傾向になりますし、逆に新規雇用者数の数値が上がっていれば買い傾向になります。

このような指標に基づいた相場の動きは、バイナリーオプションに限らず全ての取引に影響しているため、短時間で大幅な上昇・下降になることも珍しくなく、そのようなタイミングにスプレッド取引は向いています。

スプレッド取引を控えた方がいいとき

スプレッド取引を控えるべきタイミングは、値動きの材料が特にないタイミングです。
チャートをチェックする中で、これは近い未来に大きく上がる・下がるのではないかと予想するのは、根拠があるようで実はありません。

あくまでも、連綿と続く相場の流れの中における一つの傾向が見えているだけであって、その流れの根拠を論理的に説明できないようであれば、小幅な値動きで終わってしまうかもしれません。
よって、素人目にも分かりやすい傾向が見えていない場面では、スプレッドを選ぶことで損を広げてしまうリスクがあります。

そのほか、各市場が開く時間帯にも注意が必要です。
ロンドンは日本時間で16時から、ニューヨークは22時から市場が開く計算になります。
その時間帯に限っては、それなりに値動きが激しいため、スプレッドでも勝てる可能性はあります。




とはいえ、ここでも無軌道に売り買いを行っていては、結果にはつながりません。
相場が活発な動きを見せているうちに、勝負を決める心構えが肝心です。

自分の技量に合わせて、柔軟に選ぶことが大切

ペイアウトに頼らず、着実にチャートで勝ちを拾うか。
それとも、大幅な値動きが見込める段階で攻めてみるか。
どちらを選ぶかは人それぞれです。

どのような投資方法を選ぶにしても、単純な倍率の良さだけにひかれてしまうと、結果として損をします。
バイナリーオプションは、トータルで勝つことを意識しなければ、なかなか安定して勝ちを拾うのは難しいものです。

自分が確実に勝てるタイミングについて勉強し、そのタイミングに限りスプレッドを選ぶのが、賢い選択肢と言えそうです。

Japanese all-rounder