バイナリーオプション

ハイローオーストラリアを攻略するにはとにかく分析!コツを知るのはそれから

ハイローオーストラリア_分析top

ハイローオーストラリアの攻略を考えている人の多くは、できるだけ手早く確実に勝てるようになりたいと考えます。
短期間でお金持ちになりたいという気持ちは分かりますが、それを実現するにはかなりの運と実力が必要です。

もちろん、ハイローオーストラリアで勝ちやすくなるための「コツ」はあります。
しかし、そのコツを活かすためには、相場をきちんと分析できていることが前提条件になります。

今回は、ハイローオーストラリアを攻略するために必要な分析方法と、それを応用するためのコツについてご紹介します。




まずは、主なチャートが何を示しているのかを理解しよう

ハイローオーストラリアに限らず、投資で成功するためには、チャートを理解して運用することが大切です。

長期投資ならまだしも、バイナリーオプションのように展開も結果が出るのも早い投資では、1日単位でのデータを見て悠長に取引するのは難しいです。
そのため、初心者はそれぞれのチャートが何を示しているのか、理解したうえで投資を継続しなければなりません。

例えば、ローソク足は全てのチャートの基本ですが、読み方をうろ覚えで読んでいると、相場の流れを誤読してしまう可能性もあります。
白ヌキと黒ヌリ、陰線と陽線といった基本的な内容はもちろん、上ヒゲ・下ヒゲ・丸坊主、はらみ線・つつみ線・かぶせ線など、ちょっと覚えておくだけで予想が立てやすい形も先人たちが既にまとめてくれています。

他のチャートの動きを補足する意味でもローソク足は重要ですから、基礎知識はしっかり押さえておきましょう。

【ローソク足+1】の組み合わせを考えてみる

ローソク足の動きを理解したら、次はそれに加えてもう一つのチャートを組み合わせて予想してみましょう。
一例として、移動平均線を使った分析方法に触れてみましょう。

移動平均線という指標は、ある一定期間の平均価格を日々計算した結果を点としたとき、その点同士を線でつないだものです。
ローソク足との組み合わせで言えば、ゴールデンクロス・デッドクロスが有名でしょう。

いずれも、短期移動平均線と長期移動平均線とがクロスした状態に応じてHigh・Lowを判定する手法ですが、交差した直後に取引するよりも、より値動きが分かりやすい状況で取引したいと考えるはずです。
ローソク足の動きと合わせると、どこがトレンドの変化点なのかを過去の指標から読みやすくなります。




分単位であっても、あと何回終値が転換するのか、交差部分がどのくらい伸びるのかを確認してから取引することで、予想が当たる確率を高められます。

時間をかけて確実に勝ちたいならRSIとの組み合わせも有効

シグナルが頻繁に現れるとは限りませんが、時間はとれるから確実に勝ちたいと考える人は、ローソク足とRSIとの組み合わせが単純明快でおすすめです。

RSIという指標は相対力指数とも呼ばれ、相場の動きが逆向きになるタイミングを読むための指標です。
MT4などのツール上ではレンジが設けられた中で折れ線グラフが変動し、数字で言えば30以上に突き抜けたタイミング・もしくは70以下に突き抜けたタイミングで、それぞれHigh・Lowと予想します。

常にチャンス局面があるわけではないため、投資するタイミングこそ限られますが、強力な指標の一つです。
しかし、より確実に根拠をチェックするためには、過去の結果が表示されているローソク足から情報を紐解くことで、逆張りのタイミングが見えるようになります。

RSIとローソク足は、比較的比例関係が認められるため、初心者でもシグナルが分かりやすいのが特徴です。

もちろん、このほかにも強力な組み合わせは多々あります。
いろいろな指標を組み合わせて、自分だけの攻略法を作ってくださいね。

Japanese all-rounder