テクニカル

FXとは違う?取引におけるバイナリーオプションのやり方との違いとは

FXとは違う?取引におけるバイナリーオプションのやり方との違いとは

バイナリーオプションは、ルールが単純化された投資方法の一つであり、初心者にとっても敷居が低いと紹介されています。
その反面、FX経験者にとっては短時間で取引を行うスタンスに慣れず、距離を置いてしまうという方も珍しくありません。

しかし、FXもバイナリーオプションも基本的には通貨を取引していることに変わりはなく、相場の上昇・下落を想定するノウハウ自体に大きな違いはありません。
今回は、バイナリーオプションとFXとの取引方法の違いを比較しつつ、稼ぐための心構えをご紹介します。




FXとバイナリーオプションとの大きな違いは「自分で利確できるかどうか」

主な業者のサービスを比べた際の違いとしては、FXが利確を原則として自分の裁量で決めるのに対し、バイナリーオプションでは制限時間があらかじめ決められた中での取引となります。

そのため、取引を行うタイミングがFX以上に重要であり、タイミングを誤ると相場が自分の想定と逆に動く可能性は大きくなります。

ただし、バイナリーオプションの業者の一つであるハイローオーストラリアなどでは転売が認められているため、儲けこそ減りますが自分のタイミングで利益を確定させることは可能です。

テクニカル分析ができるなら、バイナリーにも応用できる

原則として「自分で取引を終えるタイミングを決められない」という点は、やはりFX経験者だとしても不利に働くのでしょうか。
結論から言えばそのようなことはなく、今までと各種データの見方が変わるとしても、分析に用いるデータ自体は同じです。

FXの長所でもあり短所でもある部分は、締め切りとなるタイミングを自分で設けなければならない点であり、利確が早まればその分儲けが減りますし、逆に損切りのタイミングを誤るとその分損をします。

その点、バイナリーオプションは有無を言わさず終了時間が決まっていることから、思い通りの予想とならずお金を失う場合もあれば、逆に時間制限のおかげで得をする場合もあるわけです。

ということは、いつなら相場が上昇し、いつなら相場が下落するのかをデータから読み解く力さえあれば、あとは想定するスパンを多少短くするだけ、ということになります。
時間差による多少の増減こそありますが、急な相場の動きによって大きくぶれそうな場合などに絞って短時間で取引を重ねれば、確実に収入を増やすことは夢物語ではありません。

FX取引で積み重ねたノウハウは、決して無駄にはならないのです。



両方できれば、投資の可能性は大きく広がる

FXからバイナリーオプションにこれから乗り換えを検討している方は、できれば両方に取り組んでみた方がよいでしょう。
というのも、使い方を工夫すれば、バイナリーオプションは保険にも使えるからです。

仮に、FX主体で取引を行っているケースを想定すると、自分が想定していたように相場が動かず、このままでは損失につながる可能性があると判断した場合、バイナリーオプションでFXの取引とは逆方向に張れば、損失分を回避できるという考え方になります。

もちろん、損失分を回収できるだけの金額があってこその対応ですが、FXで損した分を回収するためにバイナリーオプションという選択肢を選ぶのは理にかなっています。

ただ、損失分を回収するためには、時として取引時間を短くして短期決戦で臨む必要性に迫られる場合もあり、全ての業者がそれを実現できるサービスを用意しているわけではありません。

そのため、スピーディーな取引をバイナリーオプションに求めるのであれば、ハイローオーストラリアが的を射ているサービスになるでしょう。

ハイローオーストラリアでは「turbo取引」というものが選択でき、最短で30秒という時間から取引が確定できます。
ただし、1分以内の取引では転売ができないため、短い時間とはいえしっかり予想してから取引に臨むのが基本です。

FXとバイナリーオプションは、取引方法こそ異なりますが、本質的には同じノウハウを共有しています。
FX経験者でバイナリーオプションは初心者だという方は、それほど敷居は高く感じないと思いますので、まずは一度ハイローオーストラリアのデモトレードで感覚をつかんでみてはいかがでしょうか。

Japanese all-rounder