バイナリーオプション

日本の雄・GMOクリック証券のバイナリーオプション。使い勝手はどうなの?

日本の雄・GMOクリック証券のバイナリーオプション。使い勝手はどうなの?

バイナリーオプション業者と聞くと、多くの方が海外の業者を推しますよね。
だから、あまり日本の業者は使わない方が良いのではないかという声もちらほら。
しかし、バイナリーオプションを本格的にやっていくなら、やっぱり他の業者の情報も知っておきたいとこです。

今回は、日本の雄・GMOクリック証券におけるバイナリーオプションの概要についてご紹介します。




GMOクリック証券は「安全性」がウリ

海外のサイトで人気があるハイローオーストラリアですが、こちらは日本の金融庁における認可はないサイトになります。
その逆に、GMOクリック証券は日本の業者なので、金融庁に認められているサイトであることから、初心者にとっては安心できるかもしれません。

金融庁に認められているかどうかというのは、あくまでも過去の事例から考えていくと、最悪、資金の引き出しが出来なくなってしまう可能性があり、ユーザーのお金が守られない場合が想定されるのです。
そのため、日本にお住まいの方で、どうしても海外の業者に抵抗がある場合は、一つの選択肢として考えておくのもよいでしょう。

とはいえ、仮に金融庁に認められているサイトであっても、いざ資金が引き出せなくなった場合、無い袖は振れないという状況はどの業者も同じですから、国内・海外問わず、あまり大きなお金を預け入れしておかない方が賢明でしょう。

日本の業者らしく、堅実な取引をしたい方に向いているサイト

GMOクリック証券は、ハイローオーストラリアと違い、ペイアウト率が固定ではありません。
取引の利率が変動するということは、良いときはかなりの倍率に跳ね上がりますが、現実には1.1~1.2倍のような数値に落ち着くことが多いため、短期間に大きな儲けを得たいと考えている方にとってはデメリットになります。

また、3時間ごとにタイムリミットを用意するという取引方法のため、一度に取引できる金額も回数も限られています。
ハイロ―オーストラリアであれば最短30秒で結果が分かりますから、それに比べるとある程度長いスパンでの取引ノウハウが必要になります。

多くのユーザーが、GMOクリック証券で勝ち続けることが難しいと判断するのも、このあたりに理由があります。

ただ、自分が持っている口座を使っての資金入金が海外サイトに比べて簡単なので、新たな口座開設をせず、余裕を持って堅実に取引を進めたい方には向いているかもしれません。

海外サイトではクレジットカードやビットコインによる入金も認められているサイトもあり、時として取引に熱が入ると、初心者は思っていた以上にお金をつぎ込んでしまう可能性があります。

その点、自分が普段利用している口座を使うのであれば、今までどのくらいお金が入っていたのかや、取引によってどのくらいお金に増減があったのかを、過去の記憶から判断しやすくなります。

初心者は特に、より現実的な数字があった方が取引は熱くなりにくいため、自分がギャンブルなどに入れ込みやすいと自覚している人ほど、数字を意識することにつとめましょう。




税金面での優遇も忘れてはいけない

国内業者と海外業者とでは、日本における税率の計算にも違いがあります。
一言で言えば、申告分離課税と総合課税との違いになります。

GMOクリック証券は国内の業者になりますから、申告分離課税の対象になります。
会社員の方であれば、バイナリーオプションで得た利益は、給与所得とは別に税金計算の対象となるという意味です。

2019年現在においては、バイナリーオプションの利益に付き、20.315%の税率で計算することになります。
その際には、他の収入のことは気にせず計算できるため、手間が少ないという利点があります。

これに対して海外業者の場合、基本的に総合課税が適用されます。
具体的には、稼いだ分のお金が雑所得扱いとなり、給与や本業と合わせた全ての収益を合計した金額によって、税金を計算しなければなりません。
そのため、稼いだ金額によっては、税額そのものが大きく変わってしまう可能性があります。

手間も余計にかかりますから、その分面倒に感じられるというのが、大きなデメリットになります。

とはいっても、そもそも稼げなければそのようなことを考える必要自体がないので、納税方法によって業者を変えるというのはちょっとナンセンスです。
要は、稼いだらいくらおさめるのかをチェックして、使う分を考えれば良いだけです。

自分にとってどちらが向いているのか。
安定か、それとも冒険か。

どのような取引をこれから行っていきたいのかをイメージしながら、国内外の業者を検討してくださいね。

Japanese all-rounder