バイナリーオプション

国内と海外のバイナリーオプションの違いはなに?

バイナリーオプションの国内と海外の違い

今回は国内のバイナリーオプションと海外のバイナリーオプションでの違いについて紹介していきます!




国内と海外の定義について

国内のバイナリーオプション

日本国内に本社があるバイナリーオプションの業者のこと

海外のバイナリーオプション

海外に本社があるバイナリーオプションの業者のこと

日本国内に本社があるか海外に本社があるかという違いだけですが、規制などによる違いがあります。

バイナリーオプションの規制

一般社団法人金融先物取引業協会のガイドライン

国内でのバイナリーオプションはガイドラインを読むと分かりますが、要するに、超短期トレードは投機性が高いので規制しますということですね。

海外との大きな違いはこの規制があるか無いかです。




ペイアウト率の違い

国内のバイナリーオプション

払い戻し額が1000円と固定されているので、購入価格が1~1000円の中で変動します。

海外のバイナリーオプション

○倍のペイアウト率のバイナリーオプションを選んだ場合予想が当たれば○倍の払い戻しがあります。

判定時間の違い

国内のバイナリーオプション

購入してからペイアウトの判定がでるまでに

最短2時間

というのが基本です。

最短2時間ということは1日で約12回という取引回数の制限がありますね。

海外のバイナリーオプション

ハイローオーストラリアを例に見ますと、

30秒、1分、3分、5分、1時間

という短期トレードが可能です。

こちらは1日で何回もの取引ができますね。




まとめ

大きくまとめて見ましたが、海外のバイナリーオプションの方がいいなという人も多いと思います。短期トレードが可能というのはとても魅力的ですが、それだけリスクが増えるという訳です。

海外のバイナリーオプションで投資をするときは注意して行いましょう!