バイナリーオプション

主婦がお小遣いの範囲で投資する場合、投資信託とバイナリーならどっちがいい?

バイナリ主婦_比較_top

主婦がお小遣いを使って投資する際に根強い人気を誇るのが、投資信託や株式投資です。
一見すると「手堅い」投資方法として有名ですが、短期的に見ると手数料がかさむこともあって、結果的に損をする可能性もあります。

その反面、バイナリーオプションのような投資方法は、確かに負けるとそのお金はもう戻ってきませんが、勝てばすぐにお金が手に入るというのが魅力です。

それぞれに長短ある投資方法ですが、限られたお小遣いを活用するなら、どちらが賢い方法と言えるのでしょうか。




そもそも、投資信託や株式投資は、確実に儲けられるジャンルなのか

一般的に、主婦の方々は投資信託・株式投資を低リスクなものとして考えています。
しかし、誰にとっても確実に儲けられるジャンルかどうかというと、決してそうとは言えません。
投資である以上、損失を出す可能性は等しく存在しているのです。

投資信託の商品を購入する理由

そもそも、投資信託の商品を購入する理由について考えてみると、多くの方が「自分で株の運用ができないから代わりにやって欲しい」ということで証券会社に依頼していることが分かります。
つまり、積極的にガツガツ儲けようとしているわけではなく、少しでも元手が増えればいいなと思って購入している層がほとんどです。

ある意味ではサラリーマンがやっている副業に近く、大損せず確実に儲けたいと考えて投資するわけですね。

しかし、誰かが自分の代わりに投資の手続きを行ってくれているということは、言い換えればその分その「誰か」に手数料を支払わなければならないということでもあります。
また、儲けが出るかどうかを保証しているわけではなく、保証している商品があったとしても、結局手数料分は持って行かれることになりますから、長い目で見ると損をする可能性は否定できません。

よって、投資信託というものは、本来であれば自分が現在持っている資産を守るために行う性質の方が強く、インフレ対策に代表されるように、貯金によって価値が目減りするのを防ぐ一面もあるということです。

投資目的で投資信託を行うのであれば、ハイリスクの商品とローリスクの商品を組み合わせて購入し、証券会社に支払う販売手数料と信託報酬(運用してくれている分の報酬)が継続してかかることを想定して儲けを出さなければなりませんから、自分で株を買うよりも面倒になる可能性もあるのです。




株式投資は、自分の好きな会社の株を買える反面、それだけで儲けるのは難しい

株式投資もまた、投資というだけあって、もともとは自分の好きな会社を応援する意味で購入するものでした。
儲けだけを目的に売り買いする性質のものではなかったのです。

株については、使い方によってはトクをするケースは多く、自分がよく通っているスーパーなどの株主になることで、株主優待券などがもらえるケースはよくテレビなどでも紹介されている節約術です。
さらに、そのお店の株価が上がれば、これほど嬉しいことはないでしょう。

しかし、株というものは上がりもすれば下がりもしますから、いつまでも持っているだけで価値が上がるとは限らない商品です。
よって、いくつかの株を購入してリスク分散をしつつ、チャートを読んで取引を続けていかなければなりません。

株はNISAのように少額から取り組め、120万円までの投資額なら税金がかからないなどの措置が取られているため、お小遣いから投資するのに向いている分野もあります。
とはいえ、やはり先立つものが無ければリスク分散も難しく、一回に投資できる金額にも限度があることから、本気で儲けようと思ったら50万円程度のお金は必要になるとの声もあります。

株や投資信託は、デイトレードのような短期決戦には向かない

投資する目的としては、さまざまな理由があると思います。

ちょっとした小遣い稼ぎに考えている方もいれば、自分が働いていたころの月収程度を稼ぎたいと考えている方もいるでしょう。
自分のために使うのか、家族のために使うのかによっても、必要な金額が違ってきます。

中長期のスパンでコツコツお金を貯めるのが好きな方であれば、投資信託を定額で続けるのもよいでしょう。
しかし、まとまったお金を稼ぎたいと考えて株式に手を出す場合は、やはり自分でチャートを読めないと大損する可能性もあり、長く続けるのには向いていません。

そこで、デイトレのような短い時間で稼ごうと考える方もいると思いますが、株の場合は通貨に比べて、各銘柄の上がり下がりの思惑を読み解ける深い知識が必要になります。
結局のところ、短期間で多くを手に入れるためには、長期的に投資するのと同じくらいの時間をかけて知識を詰め込む必要があるのです。

デイトレに向いているジャンルの投資もある

主婦が自分の限られたポケットマネーから投資をする場合、概ね1,000~5,000円程度が、月額で投資に使える金額と考えられます。
そう考えると投資の幅は狭まりそうにも思えますが、それだけの金額があれば、ある意味では株や投資信託よりも短期間にまとまった投資ができる方法もあります。
通貨取引であるFX・バイナリーオプションです。




FXはレバレッジをかけられる反面、一瞬で預金が溶ける可能性もある

FX取引は、一時期メディアでも取り沙汰されたほど知名度があり、現代でも取引を続けている投資家が一定数存在しています。
その大きな理由の一つに「レバレッジ」があります。

ビジネス用語としても使われるほど日本社会に浸透した概念で、自分の持ち金以上の取引ができることから、上手くいけば10倍以上のお金を稼ぎ出すことも夢ではありませんでした。
持ち金が1,000円と考えれば、手元にそれだけしかなくても10,000円が取引に使えていた計算になるのです。

しかしその反面、取引に失敗すると多額のお金が損失計上されることになり、マイホーム資金を失った主婦の話などがテレビで紹介されることもありました。
そういったイメージもあって、主婦層には人気のないジャンルの一つと言えるかもしれません。

ルールが簡単になり、レバレッジができないルールのバイナリーオプション

レバレッジができず、ルール自体も簡単になったことで敷居が低くなったのが、バイナリーオプションです。

簡単にルールを説明すれば、日本円とアメリカドルとを比べたときにどちらが高いかを当てればいいだけなので、誰でもできる投資方法の一つです。
FXも理屈は同じですが、自分で売り時・買い時を決めなければならなかったのと、投資金額が自分の身の丈を超えてできることなどから、リスクの高い一面もありました。
その点、バイナリーオプションであれば一回あたりの取引額は1,000円程度から始められ、勝てば倍額、負ければそのまま1,000円を失うという単純明快なルールになっています。

バイナリーオプションを主婦が行う際に、メリットとリスク要因は何か

今回は主婦がお小遣いで投資できるというテーマでお伝えしていますから、バイナリーオプションを1,000~5,000円という金額で取り組むと仮定した場合、どのようなメリットとリスク要因があるのかについても考えてみましょう。

メリットとしては、株や投資信託と異なり、長期間商品を保有している必要がないということです。
また、相場のルールを勉強することで、単純な博打ではなく値動きを予想して取引ができます。
何と言っても、取引が終了するたびにお金が手に入るのは、すぐにお金が欲しい人にとっては嬉しいことですよね。




リスクとしては、そもそも通貨取引のルールやチャートの読み方を知らなければ、単なるギャンブルと同じですし、投資信託と違って誰かが代わりに取引を代行してくれるわけではありませんから、取引をほったらかしにして勝てるほど甘いジャンルではないということです。

どんな投資であっても、しっかりルールを決めて取り組むことが大切

株・投資信託であっても言えることですが、確実に儲けられる投資方法というものは、原則として存在しないと考えてよいでしょう。
しかし、努力次第で勝つ確率を高めることは可能であり、それはどんなジャンルでも同じです。

自分が1日ないし1ヶ月に使える額をあらかじめ決めておき、自分で決めたルールに従ってチャートを読み解き投資しつつ、買っても負けても次の日に気持ちを持ち越さずに淡々と投資することが大切ですよ。

Japanese all-rounder