バイナリーオプション

バイナリーオプションが詐欺と言われる理由と、安全に取引するための注意点

バイナリ_詐欺top

バイナリーオプションという取引形態の認知度が上がったことによって、安全に取引できるサイトの情報が増えてきました。
その反面、未だに【バイナリーオプション=詐欺】というイメージを持っている人も少なくありません。

そこで今回は、バイナリーオプションがなぜ詐欺扱いされていたのかや、安全に取引を続けていくための注意点についてご紹介します。




詐欺とはいわゆる「情報商材」や「投資ソフト」のこと

投資について一般的な知識のある方なら、バイナリーオプションという金融商品自体に問題があるわけではないことは分かると思います。
つまり、バイナリーオプションに関わる詐欺というのは、要するに「情報商材」や「投資ソフト」に問題があるケースなのです。

情報商材も投資ソフトも、宣伝文句としては「このとおりに取引すれば、毎日数十万円が稼げる」というものです。
ただ、こういう商品が胡散臭いものだということは、ジャンルに限らず多くの方がお分かりいただけると思います。

なぜなら、そんな方法がある時点で、それを知っている人は他人に言いません。
もし言うとしたら、その方法が既に時代遅れになってしまっている場合でしょう。

大変厳しいことを言うようですが、そのような情報商材に魅力を感じるようなメンタルの方は、バイナリーオプションに限らず、投資やギャンブルは止めた方が賢明です。

汗水流して働きお金を手に入れ、同じように頭を使って自分なりに仕事の技術・経験・知識を磨いた方が、絶対に後々のプラスになるはずです。

あまり例は少ないが、出金拒否に見舞われるケースもある

詐欺を意図して行われるケースはまれですが、バイナリーオプション業者による出金拒否に遭遇し、ユーザーが詐欺だと考えてしまう場合もあります。
ただ、少なくともバイナリーオプションに限って言えば、明らかに詐欺目的で行われているケースはまずありません。

確かに、お金を集めてから会社をいったん潰して雲隠れするというのは、投資詐欺の手法として見られるものです。
しかし、それならわざわざバイナリーオプションという選択肢をせず、もっと大風呂敷を広げるセールストークを展開するでしょう。
さらに言えば、ある程度まとまったお金を持っている人に対して詐欺を持ちかけるはずです。

会社の資金繰りに問題があってお金が支払えない可能性も考えられますが、優良業者は顧客のお金と会社のお金は別にして管理するものですから、この点の心配もほとんどないでしょう。
ただ、可能性はゼロではありません。




この手の問題でもっとも可能性が高いのは、実はユーザー側の「勘違い」にあります。
ボーナスの出金条件を勘違いしていたり、口座が凍結される条件を知らなかったりして、出金されなかったと騒いでいる人が大半を占めているのです。

取引を始める際は、業者が提示しているルールをしっかりと理解してから始めるようにしたいものです。

何よりも大事なのが、熱くなり過ぎないこと

バイナリーオプションに取り組む際は、常に冷静な分析をしながら取引を継続しなければなりません。
とにかく「熱くなったら」どんどんお金が溶けていきます。

誰にでも「ビギナーズラック」というものがあり、そのラッキーを引き当てた人ほど、悪い方にハマりやすい傾向にあります。
逆に、初回で手ひどく負けた人ほど、次にどうすれば勝てるのかを真剣に考えるものです。

大事なことで、しかも当たり前のことでもありますが、何の分析もせず知識の無いまま取り組むバイナリーオプションは「ギャンブル」と何ら変わりがありません。

どうして勝ったのか。
どうして負けたのか。

これを常に考え続ける姿勢を失わなければ、生活に支障が出るほどの損失を生むことはまずありません。
安全に取引を続けたい方は、とにかく一度負けたら取引から無理にでも離れ、冷静な心を取り戻してくださいね。

Japanese all-rounder