バイナリーオプション

バイナリーオプションの攻略情報、どこまでなら信用できる?

バイナリ_攻略法の信ぴょう性top

バイナリーオプションに取り組んでいる人にとって、喉から手が出るくらい欲しいのが、その攻略情報です。
その反面、確度の高い情報であっても、どこまで信ぴょう性の高い情報なのかは実際に試してみないと分かりませんし、そもそも【100%勝てる情報=必勝法】とするならば誰も提案できないジャンルでもあります。

そこで今回は、攻略法として信用できる範囲について考えてみました。




「勝てる確率は高いけど、技量によって勝率が変わる」攻略法が王道

まず、攻略法としての王道を考えてみると、決して100%に近い勝率をうたっていないものになるでしょう。
また、初心者でもやろうと思えば取り組めるが、勝てる状況の見極めが難しい方法とも言えます。

バイナリーオプションを専門に行っている方の中には、複数の攻略法の勝率を出しつつ手法をサイトで紹介しているところもあります。
しかし、それは取り組んだ人にとっての勝率であり、その勝率に初心者が近づけるには、一つの手法に絞って経験を積み重ねていかなければなりません。

使い古されたと思われている手法であっても、人によっては新しい発見をすることもあります。
何か一つの攻略法を選んで取り組む場合、勝率を上げるためのファクターは何なのかをチェックしてから、挑戦を継続する必要があるでしょう。

ネット相談で見る「私でも勝てました!」系は宣伝の可能性大

一概に言うべきではありませんが、いわゆる匿名の投稿者による相談サイトなどで、勝てる攻略法を探している方がいます。
しかし、お金がからむ相談事や投資・ギャンブルに関する質問は、その多くが宣伝効果を狙ったものと考えた方がよいでしょう。

詐欺被害が実際にあったものとして報告があがっているケースもあるようなので、基本的にネット上の誰かに匿名で聞くことはおすすめできません。

そもそも、先に挙げたように勝率込みで攻略法を紹介している方は、バイナリーオプションでの取引以外の思惑があって手法を公表しています。
例えば、アフィリエイトや自作ツールの紹介などになります。
問題は、どちらがより客観的な情報を載せているかということです。

アフィリエイトについて言えば、広告をクリックしない限り読み手が何かを負担することはありませんし、基本的に広告クリックだけでお金はかかりません。




しかし、自作ツールの場合は良くも悪くも実績をアピールしなければ商売になりませんから、自分が編み出した手法の宣伝に偏ってしまう傾向は否めません。

よって、より客観的な目線での攻略法を探したければ、自作ツールの宣伝がないサイトをチェックするとよいでしょう。

どんな方法を取り入れる場合でも、やっぱりテクニカル分析が基本

FXの経験がある方なら、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を重要視するものと思います。
しかし、バイナリーオプションにおいてはテクニカル分析を主体に解説している攻略法の方が信用できます。

というのも、バイナリーオプションの取引は基本的に短時間での勝負となり、経済指標を当てにして悠長に取引できるケースは少ないからです。
逆に、値動きが激しくなるので発表の時間帯を避けるというトレーダーも多いようです。

テクニカル分析を使った攻略法を取り入れる場合、なるべく「シンプルで勝率の高い」ものから取り組みましょう。
勝率が高い分条件が限定され、必ずしも毎日たくさん取引できるわけではありませんが、それでも大幅に負けが込むよりもマシなはずです。

受験時の参考書選びにも言えることですが、もっとも大切なことは「一冊の本・一冊の問題集を完全に終える」ことです。
いたずらに本を増やしても、結局勉強する範囲を絞れず途方に暮れるだけです。
攻略法を選ぶ場合も、同様の基準で選びましょう。

Japanese all-rounder