バイナリーオプション

バイナリーオプションは副業なの?それとも投資?ギャンブル?

バイナリ_副業_ギャンブル_top

副業熱はとどまるところを知らず、とうとう厚生労働省が副業を認める姿勢を打ち出した日本ですが、その中には投資も含まれています。
また、安定して取り組める株式投資などに比べて早い段階で稼ぎやすいとされる、FX・バイナリーオプションなどのジャンルに取り組む層も増えてきています。

しかし、副業の一つとしてバイナリーオプションを想定したとき、まるでギャンブルのような投資内容だという声も聞かれます。

果たしてバイナリーオプションは副業レベルの稼ぎが期待できるジャンルなのでしょうか。
いろいろ調べてみました。




ルールは簡単で敷居も低く、投資額も少額から始められる

本業としてバイナリーオプションを選ぶのはともかく、副業・投資初心者が始めるには、それなりにルールが簡単なジャンルではあります。
また、最低投資額も10,000円を切るサイトが多いことから、自分の自由になるお金が少額だったとしても十分始められます。

仮に負けたときのことを想定したとしても、毎月「5,000円だけ使う」というルールさえ守れば、ダメージが大きくなることはありません。
よって、副業として給与の一部をバイナリーオプションに回すというスタイルなら、あまり負担を感じずに投資ができるはずです。

とはいえ最初のうちは、稼げる額は思ったほど多くないと心得る

確かに、バイナリーオプションはルールが簡単で、勝てば倍額が得られる投資です。
また、一件ギャンブルのように感じられるルールですが、あくまでもギャンブルとは違ってレートの動きを自ら分析し、判断を下せる要素が多いため、ジャンルによって勝てる確率がギャンブルよりも高いケースはままあります。

しかし、バイナリーオプションはルールが簡単な分、ごまかしがありません。
予想が外れれば容赦なく投資額が失われてしまうため、長い期間モチベーションを保つのが難しいところもあります。

自分の中でデータが貯まり、確実に勝てるルールがいくつか見つかるまでは、稼げる額はそれほど多くないという点については心得ておきましょう。




副業における「目標月収」の設定をどうするか

投資ではなく、一般的な副業について考えてみた場合、いくら欲しいのか目標を立てることが大切です。
分かりやすいのは「目標月収」であり、月にいくら稼げればいいのかを事前に決めておくと、モチベーション向上につながります。

ここで注意したいのが、一般的な副業とバイナリーオプションとの、性質の違いです。

副業の場合、やればやっただけ収入になるという「歩合」の概念が強いですが、投資の場合は「当たるも八卦・当たらぬも八卦」のような不確定さがあります。
よって、投資初心者は目標を立てることによって、かえって目標に届かなかったときにイライラしてしまい、結局長続きしないというリスクも考えられます。

そこで、バイナリーオプションを長期にわたって続けるには、いわゆる「月収○○万円」という考え方より「勝率」が重要になってきます。

バイナリーオプションを副業にするなら、稼ぐ額より「勝率」を高めることを意識して!

バイナリーオプションは、基本的に勝率60~65%以上を目指せば最終的にプラスになるジャンルですから、ちょっとしたお小遣いを稼ぐレベルの副業として考えれば、十分投資価値のあるジャンルと言えるでしょう。
10回取引して6~7回勝つことを意識するわけですね。

ギャンブルなら必ずしも簡単とは言えませんが、投資の場合はデータが客観的に分かりやすいですから、勝率を高めることは決して非現実的な話ではありません。




また、還元率(払い戻し率)について言えば、国内のFX・バイナリー業者では【89.7~102.0%】というデータも出ています。
国内ギャンブルにおける還元率としてもっとも高いパチンコ・スロット(約85%)を超える数値をたたき出していることからも分かる通り、少なくとも日本ではギャンブルよりもFX・バイナリーオプションの方が、努力に見合った報酬を得やすいジャンルだと考えられます。

より確実に稼ぐなら副業を、短時間で大きな成果を得たいのなら投資を

一般的な副業は、やればやった分だけ自分のお金になる代わりに、ジャンルをしっかり選ばないと長期的に続けるのは難しいです。
しかし、バイナリーオプションなら、しっかり勉強すれば短時間で大きな成果を得ることも十分可能になります。

どちらを選ぶかはあなた次第ですが、少なくともバイナリーオプションは、ギャンブルよりは確実性の高い投資方法と言えそうです。

Japanese all-rounder