バイナリーオプション

確実に勝つには?初心者が守るべきバイナリーオプションの始め方

バイナリーオプションの始め方TOP

バイナリーオプションには、どうしても「ギャンブル」的イメージが付きまといます。
これは取引方法の単純さから考えると致し方ないところなのですが、初心者向けの始め方を考える際には、逆に不安を感じること自体は問題ありません。

今回は、確実にバイナリーオプションで勝ち続けるために、初心者がどのようなスタンスでバイナリーオプションを始めるべきなのかについてご紹介します。




バイナリーオプションは少額投資から始めるべし

バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、とにかく少額の取引で感覚をつかみましょう。
取引に使うお金が大きければ大きいほど実入りも多いのは確かですが、それ以上に損失を広げる可能性も十分あります。

最低限、自分が生活に困らないレベルでの投資から始めることが大切で、十分なデータが出てから投資額を徐々に引き上げていくことが肝心です。
具体的には、儲けが出る最低の勝率55%を目指すべきです。

ハイローオーストラリアを例にとり、1回1,000円・ペイアウト率190%とした場合、勝率55%なら100回の取引で4,500円の儲けになります。

もちろん、将来的には勝率を高めていく必要がありますし、実際にバイナリーで結果を出すことを考えたなら60~65%の勝率を目指したいところです。
しかし、決して焦ってはいけません。

バイナリーオプションで失敗した人の中には、本当に目も当てられないくらい悲惨な体験をした人も少なくありません。
中には、家族に黙って数百万単位の借金を重ねてしまったケースもあるのです。
確実に勝てるロジックを構成してから、投資に向き合いましょう。

バイナリーオプションは海外業者を選ぶべし

初心者がバイナリーオプションに取り組む場合、日本の業者を選んだ方が安心できると考える方も多いと思います。
しかし、初心者が「稼ぐ」ためにバイナリーオプションを行うのなら、海外業者を選ぶべきです。

というのも、国内のバイナリーオプションは射幸性(ギャンブル性)を減らしたスタンスでの取引形態になっていて、ペイアウト金額にも上限があります。
そして、レート差が大きいほど購入額が小さくなるという仕組みなので、なかなか本格的に稼ぐのは難しいのです。




しかし、海外のバイナリーオプションは基本的に「High&Low」というシンプルなルールのもと、取引が進められます。
つまり、ルール自体が簡単なので、変にこねくり回したルールになっている国内の業者よりも稼ぎやすいというわけです。

その代わり、自分で資金管理ができないという人には、あまりおすすめできない方法と言えます。

バイナリーオプションはテクニカル分析にこだわるべし

バイナリーオプションとギャンブルとの違いは、

「胴元が必ず得をするとは限らない」

という点です。

というのも、ギャンブルの場合は制度自体が確実に胴元の実入りを保証する構造になっていますが、バイナリーオプションは変動する為替相場の動きに基づいて取引が行われますから、れっきとした投資なのです。

日本円だけを使っている生活だと、為替は世界中で売買されていることに対して、なかなか思いをはせるのは難しいかもしれません。
しかし、世界中の投資家が経済動向に応じて売買を繰り返しており、そこには一定の法則性があります。
それを読み解くためには、テクニカル分析を用いることが大切です。

逆に言えば、分析を面倒に感じるタイプの人には、バイナリーオプションはあまりおすすめできない投資法です。

初心者の場合は、複数のデータを組み合わせた分析を使うよりも、移動平均線などの基本的な分析方法に、一つだけ自分が得意だと感じる分析方法を加えるやり方をおすすめします。
これはつまり、組み合わせて勝率が高かったものを使う、ということです。

その組み合わせが見つかり、勝率55%を安定して積み重ねられたそのとき、あなたは初心者から中級者へとステップアップしているはずです。

Japanese all-rounder